2000 | Perfect Movie Guide

ベニスで恋して

人生楽しまなくちゃねぇ ロザルバ! ★★★★☆
[00/イタリア・スイス] 1h55 12月23日よりシャンテシネにてロードショー

監督:シルヴィオ・ソルディーニ
製作:ダニエレ・マッジョーニ
出演:リーチャ・マリエッタ  ブルーノ・ガンツ ジュゼッペ・バッティストン
配給:ギャガ・コミュニケーションズ
宣伝:リベロ・DML フィルムズ

映画「ベニスで恋して」は、2000年イタリア・アカデミー賞(ダヴィッド・デイ・ドナッテロ賞)で作品、監督、脚本など9部門!で最優秀賞を独占。イタリアで2000年最も愛されたラブストーリーです。
監督、脚本のシルヴィオ・ソルディーニは、日本初登場。90年の長編映画デビュー以来心理劇をとり続けてきた彼が今回は一転してラブコメに挑戦。古きよき時代の名画のようにハートフルかつ、日常生活の些事を愛情と洞察力をもって映す演出力に多くの賞賛が寄せられ、イタリアの映画賞を総なめにしたのです。主演のロザリバにはリーチャ・マリエッタ。舞台、映画で活躍する人気女優、本作のチャーミングな演技で多くの映画賞に輝く。彼女と恋に落ちるフェルナンドには、「ベルリン・天使の詩」「永遠と1日」の名優ブルーノ・ガンツが大人のおとぎ話に深いリアリティをあたえています。

陽気な主婦ロザルバ。夫は口うるさいし、思春期の息子は扱いづらいが、イタリア中東部の町、ペスカーラで平穏な日々を送っています。
ところがバス旅行の途中でトラブル続出、家族とはぐれ、ひょんな思いつきで憧れの街ベニスへ。まぁいいや!ってわけで家族には「休暇を楽しみます!」と手紙を出して自由を満喫。久しぶりのお洒落、おいしい食事、花屋でのバイト。大好きだったアコーディオンを弾いたり、といった毎日を過ごしているうちに結婚して錆び付いていた心が動き出し、よろこびを隠しきれない! そんな中でフェルナンドに出会ってしまう彼女。恋?でも結婚してるし? 何なのこの感情は?さてさてバカンスはいつか終わるモノ! どうなるんでしょうこの2人・・・。

最初は「あー、おばさんね。40半ばって感じか」と冷静に見ていた私もそのうちに「何か可愛いじゃんこの女!」なんて思う始末。確かにチャーミングな演技はいいねー。個人的にも抱きしめたくなっちゃた。年齢に関係なく”ときめく心”を持つことで人生がいかに豊かにすばらしいものとなって行くかを、ユーモアと切なさを絶妙にブレンドして描いた作品です。見終わって心がウキウキする楽しい作品。見逃してはいけませんよ。

.

カテゴリー: ヨーロッパ | 映画レビュー

2000年12月23日 by p-movie.com

オーロラの彼方に

情報だけが飛び交うタイムトラベル ★★★★☆
[00/米] 1h57 12月9日より日比谷映画ほか全国東宝洋画系にてロードショー

製作・監督:グレゴリー・ホブリット
脚本:トビー・エメリッヒ
出演:デニス・クエイド ジム・カヴィーゼル
配給:ギャガ・ヒューマックス
宣伝:メディアボックス

全米で7週連続トップ10入りを果たした斬新なアイディアによる感動をたっぷり盛り込んだSFファンタジー。出演は「シン・レッド・ライン」や来年「パイ・フォワード[可能の王国]」が控えているジム・カヴィーゼル、「マイ・ハート,マイ・ラブ」のデニス・クエイド。二人は「エニイ・ギブン・サンデー」で共演済。監督は「真実の行方」「悪魔の憐れむ歌」のグレゴリー・ホブリット。

30年ぶりにNYの空にオーロラが出現した時、たまたまNY市警刑事ジョンの幼馴染がジョンの父親の愛用の無線機を見つけた。設置したまま帰ってしまった後に無線機から呼びかける声が聞こえてくる。ジョンは小さい頃、父親が見ず知らずの相手と会話を交わしていたのを思い出し。呼びかけてきた相手と父親のまねをして話し込んだ。翌日もジョンのところに同じ相手が呼びかけてきた。そして話をしているときにジョンは愕然とする。なんと相手は30年前のジョンの父親フランクだったのである。どうにか、父親にこの状況を説明するが、なかなか父親は信じようとしない。だが、ジョンは伝えなければいけない大切な事があった。実はフランクは消防士をしていたのだが、会話をしている2日後の火災消化中に命を落としていたのである。運命の日にフランクは30年後の息子だと名乗る男と交わした会話を思い出していた。そしてフランクは未来の息子に命を救われる。しかし、このことから生じたパラドックスにより、今度は看護婦をしているジョンの母親が連続ナイチンゲール殺人鬼の餌食になってしまう。今度は母親を助ける為にジョンは警察で資料を手に入れ、父親に犯行阻止を頼む。だが、殺人鬼は30年後も生きていた。

今まで数々のタイムスリップ映画は見てきたが、電波だけが時空を越えて情報だけが飛び交う作品は初めてだった。が、これがなかなか良く出来ていて面白い。ちょっと出来すぎのところもあるが、今の時期にはもってこいかも知れない。この脚本を書いているのが、映画を製作しているニューラインシネマの重役で、ミュージック部門の社長であるトビー・エメリッヒ。本作がデビュー作である。

.

カテゴリー: アメリカ | 映画レビュー

2000年12月18日 by p-movie.com

春香伝

韓国伝承のラブ・ストーリー  ★★★★☆
[00/韓] 2h00 12月9日より銀座シネ・ラ・セットにてロードショー

監督:イム・グォンテク
脚本:キム・ミョンゴン
出演:イ・ヒョジョン チョ・スンウ イ・ジョンホン
配給:シネカノン
宣伝:ベイサイド・オフィス

「将軍の息子」シリーズや、「太白山脈」が先頃正式に劇場公開されたイム・グォンテク監督が18世紀から語り継がれてきた恋物語をパンソリと呼ばれる、物語と歌を組み合わせた韓国の伝統芸能によって構成した。「風の丘を越えて 西便制」を見た人ならご存知だと思うが、パンソリとはパン(場)、ソリ(声、音)として表現する伝統の音楽で、日本の民謡や演歌にも通じたもの。物語は何度も舞台化や映画化が繰り返されてきているが、パンソリによって全編が歌い継がれたのは本作が初めて。主演の2人は激戦のオーディションで選ばれた映画初出演となるイ・ヒョジョンとチョ・スンウ。

李朝時代に父の赴任に従って暮らしていた代官の息子である夢龍(スンウ)は、勉学ばかりに嫌気がさして憂さ晴らしに出掛けると、そこで偶然にも春香(ヒョジョン)を見て一目で心を奪われる。彼女は平民の身である自分を正式に妻に迎えてくれる条件で彼を受け入れ、夢龍も念書を書いて心が永遠に変わらぬ事を誓う。しかし、父の昇進に伴い夢龍も付いていくことになり、二人は再会を誓いながら別れた。季節が変わり新しい長官が来た。長官は春香の美しさを聞きつけ、そば仕えを強要するが結婚の約束を結んだ以上はとかたくなに拒むと、長官は反逆罪の濡れぎぬを着せて拷問を加えて投獄してしまう。その頃、夢龍は科挙試験に見事主席で及第してある調査のために乞食に変装して、春香が処刑される日に戻ってくる。

身分の違いを乗り越えて恋を成就させる「ただ一人の相手を愛し抜く」というヒロインに誰もが共感すること間違いなし。どことなく色んな作品が混ざったような内容だけど多分こちらがオリジナルなんだと思うと韓国の文化は美しく素晴らしい。

(気まぐれ飛行船)

.

カテゴリー: アジア | 映画レビュー

2000年12月11日 by p-movie.com

初恋のきた道

2000 年ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞 ★★★★☆
[00/中国・米] 1h29 12月2日よりBunkamuraル・シマにてロードショー

原作・脚本:パオ・シー
監督:チャン・イーモウ
出演:チャン・ツィイー スン・ホンレイ チェン・ハオ チャオ・ユエリン
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
宣伝:樂 舎

「グリーン・デスティニー」でチョウ・ユンファやミッシェル・ヨーと激しい攻防戦を繰り広げたチャン・ツィイーの映画デビュー作は「グリーン~」とは好対照な愛らしく、とっても純粋な恋愛映画。「あの子を探して」のチャン・イーモウ監督に抜擢されたチャン・ツィイーは、第2のコン・リーと注目を集め、ベルリン映画祭で銀熊賞受賞の快挙となっている。

父の葬儀のために数年ぶりに故郷に帰ってきた息子は、母親が古いしきたり通りに葬式をあげたいと言って譲らないのに頭を痛めていた。病院から遺体を村まで運び、棺に掛ける布も自分で織るという。だが、村には老人と子供しかいなく担ぎ手がいないのである。父母の新婚当時の写真を手に取りながら息子は二人のなれそめを思い出す。それは村の語りぐさになった恋の物語であった。村をあげて校舎の建設が始まり、町から赴任してきた教師に一目惚れした18歳のディ(ツィイー)は、学校のそばの遠くの井戸に通ったり、建設に携わる村人の食事をどうにか教師に食べて貰おうと置き場所を工夫したり、子供達を家に送るところを待ち伏せしたりと努力する。そして遂に食事に誘ったディだったが、食事の日に教師は町に呼び戻されてしまった。ディは教師が帰ってくるのを教室を綺麗にしてひたすら待ち続け。彼が帰ってくると言う日に雪の降りしきる道で待ち続けるがなかなか戻ってこない。熱に浮かされたディは道ばたで倒れてしまう。(続きは劇場でどうぞ)

ストーリーは、すごくストレートなので溶け込みやすく感情移入するのはあっと言う間。特に一途な恋を実らせようとした人には、涙ボロボロものでしょう。そうでなくても教師が町に呼び戻されるのを追って一口でも食べて貰おうと餃子の入った椀を持って丘を走るシーンや雪の中を待ち続けるシーンや畳み掛けるラストの感動シーンまで説得力ある演出にチャン・イーモウここにありき。現代のシーンをモノクロにして、回想シーンをカラーにしたことでチャン・ツィイーも輝いてるしね。彼女はアクションシーンを披露したことでツイ・ハークのアクション映画に出演。ジャッキーも自分の作品に使いたがっているようだが、本人はアクション女優になるつもりはないらしい。

.

カテゴリー: アジア | 映画レビュー

2000年12月1日 by p-movie.com

趣味の問題

あなたも味見係になる? ★★★☆☆
[00/仏] 1h30 11月18日より新宿シネマスクエアとうきゅうにてロードショー

原作:フィリップ・バラン
監督:ベルナール・ラップ
脚本:ベルナーレ・ラップ ジル・トラン
出演:ベルナール・ジロドー ジャン=ピエール・ロリ フロランス・トマサン
配給・宣伝:クレストインターナショナル

フランス映画祭横浜2000で上映された「趣味の問題」が早くも劇場公開される。監督は、テレンス・スタンプ主演の「私家版」で本が人を殺すという新しい心理サスペンスを仕上げたベルナール・ラップ。今回もいかにもフランスらしい、一味違った心理サスペンスを披露している。本作は、フランスコニャック国際ミステリー映画祭にてグランプリをはじめ賞を獲得している。

国際的な化粧品会社を経営している経済界の有力者フレデリックは三ツ星レストランも敬服させる美食家。全てに洗練された趣味を持ち、財産も権力も名誉も得て、まさに成功の頂点にいる。そんなフレデリックは、レストランで給仕をするニコラに出会う。的確な言葉で料理を表現するニコラを気に入ったフレデリックは彼を試食用の味見係にと多額の報酬を提示する。金持ちの道楽だと思ったニコラは軽い気持ちで受け入れた。フレデリックと共に行動して彼の嫌いなものが料理に含まれていないかを確かめたり、接客する相手に勧めるメニューを決めたりとニコラには有意義な仕事であったが、研修と称して別荘での泊り込みによる味のわかる舌を持つ訓練で、ニコラはフレデリックの嫌いな物を食べないことを命ぜられる。それは全ての趣味を共有するという完璧なもう一人の自分になる事を欲するというフレデリックの願望であった。そしてニコラに料理の試食だけではなく、ありとあらゆる味見をさせるようにエスカレートしていった。

何でも言葉にして表現しないと気がすまないフランスならではの作品。何の迷いも疑いもなく完璧なソックリサンと化していくニコラに何処までのめり込めるかでこの映画の見方が変わってくると思う。ミステリー作品というより、自分はブラックコメディーとして楽しめました。

.

カテゴリー: ヨーロッパ | 映画レビュー

2000年11月20日 by p-movie.com