歴史・戦争 | Perfect Movie Guide

亡国のイージス

未来は渡さない。 ★★★★☆

[05/日]2h07 7月30日より丸の内ピカデリー1他松竹・東急系にて全国ロードショー
[製作]坂上直行 久松猛朗 千野毅彦 住田良能
[原作]福井晴敏(「亡国のイージス」講談社刊)
[監督]阪本順治
[脚本]長谷川康夫
[出演]真田広之 寺尾聰 佐藤浩市 チェ・ミンソ 勝地涼 原田芳雄 中井貴一
[配給]日本ヘラルド映画/松竹
[宣伝]日本ヘラルド映画

日本映画史上空前のスケールで製作された世界規模のスペクタクル・エンターテイメント超大作。出演は、「ラスト・サムライ」の真田広之、「半落ち」の寺尾聰、「感染」の佐藤浩市、「チャンピオン」のチェ・ミンソ、「空中庭園」の勝地涼、「KT」の原田芳雄、「陰陽師II」の中井貴一。監督は、「この世の外へクラブ進駐軍」の阪本順治。

東京湾沖で訓練航海中のイージス護衛艦〈いそかぜ〉の中で、戦後日本最大の危機が進行しつつあった。沖縄米軍基地から奪われた化学兵器〈GUSOH〉が、某国の特殊工作員によって持ち込まれたというのだ。首謀者は、対日工作員ヨンファ。先任伍長・仙石がその情報を掴んだ時、艦長はすでに命を奪われていた。仙石は、イージスシステムの経験者として艦に新たに乗り込んだ如月行が特殊工作員ではないか、と目星をつける。が直後、副長・宮津二佐から総員離艦命令が発動された。苦渋の思いで部下と共に艦を降りる仙石。意外にもヨンファと手を結び、国家に対して反旗を翻したのは、副長の宮津、その人だったのだ。やがて、宮津は無線機を手に取る。「現在、本艦の全ミサイルの照準は東京首都圏内に設定されている。その弾頭は通常に非ず」。ミサイルの弾頭には、わずか1リットルで東京を廃墟に変える威力を持った〈GUSOH〉が搭載されていた。防衛庁情報局(DAIS)内事本部長・渥美らが対策を練るが、最新鋭の防衛システムを持つ〈いそかぜ〉に隙はない。首都を人質にされながら、なす術もない政府。そんな中、仙石はたった一人で艦に舞い戻る。政府に突きつけられる宮津の要求。対日工作員ヨンファと事件の裏を知る渥美の思惑。そして、正体不明の如月とは何者なのか。やがて政府はF2戦闘機による「いそかぜ」爆撃を決定する。はたして仙石は艦攻撃の前に宮津らの謀略を阻止することができるのか。艦を守りきることができるのか。未曾有の危機の中で男たちの運命が激突する。

「ローレライ」「戦国自衛隊1549」に続く、福井晴敏原作の映画化ということで、今回も反乱もの。まるで、日本版「沈黙の戦艦」である。福井晴敏作品は、男臭い作品が多いので、ワンポイントで必ず女性が登場する。今回は、韓国の女優チェ・ミンソ 。11月下旬に「非日常的な彼女」が公開される。でもこの作品での注目は、勝地涼 。今後、ブレイクするかも。

オフィシャルサイト:http://aegis.goo.ne.jp/

.

カテゴリー: アクション | 日本 | 映画レビュー | 歴史・戦争

2005年8月1日 by p-movie.com