サスペンス | Perfect Movie Guide

ゼロ・グラビティ



(C)2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.



いきなり中学生の英単語集のようで恐縮だが、邦題の「ゼロ・グラビティ」とは「無重力」という意味。一方、本作のそもそもの原題は”Gravity”だ。つまり「重力」。本作を観るにあたってはその両方を把握しておくと、タイトルに込められた意味合いがギュンと重力のごとく身を貫き、この映画を存分に楽しめることになるだろう。

映画の舞台は、地球からそう離れていない宇宙。3D効果も相俟って無重力をフワフワと漂う我々は、カメラが少しずつ少しずつ旋回することで、やがて宇宙空間で作業中のサンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーの姿を確認できる位置にまで到達する。サンドラは黙々と作業中。それに対してジョージはジェット噴射で自由自在に無重力空間を移動しながら、これが最後になるであろうミッションをリラックスして楽しんでいる。と、ここで我々はハッとする。序盤、もう随分とカメラが回っているのに、全く切れ目無くワンカットで撮られていることに驚かされるのだ。いったいぜんたいどんな魔法を使っているというのだ。

この映画の撮影監督を務めたのはエマニュエル・ルベツキ。過去に『ツリー・オブ・ライフ』や『トゥモロー・ワールド』などでアカデミー賞の撮影部門でノミネートを受けてきた逸材だ。新作を発表するごとにその手腕はどんどん神がかっていくばかりだが、今回は別格の域。彼自身がいったいどんな態勢で被写体に寄り添い、これら観たこともない映像を刻んでいったのか、もはや想像すら及ばない。

そんなことを考えながら観ていると、突然、宇宙空間で作業中の彼らの元へ、ヒューストンからの緊急連絡(この管制室の声を担当するのが『アポロ13』にも出演したエド・ハリスだ)が飛び込んでくる。

「いち早く、脱出せよ!」

ロシアが破壊した自国の人工衛星の残骸が地球の軌道を漂い、もうしばらくするとこの地点に大量に流れ込んでくるというのだ!細かい破片と化したそれらの弾丸のような凶器は、やがて隕石群のように容赦なく襲いかかってくる。そしてサンドラと宇宙ステーションとを繋いでいた命綱は無情にも切断され、彼女は宇宙空間の真っ只中へ。同時ミッション中のジョージ・クルーニーの安否は?そしてステーションに滞在中の仲間たちは?そんな心配もよそに、どんどんと遠のいていく彼女。酸素もみるみるうちに減少していく。果たしてサンドラはこの後、無事に生還できるのだろうか!?

上映時間はほぼ90分。リアルタイムにも等しい時間の流れの中、我々はサンドラ・ブロックの宇宙空間サバイバルに身を委ねる。もうダメだ、もう無理だ。そう口をついてこぼれる弱音を粉砕するかのように、この映画には思いがけない展開が待っている。最後の一分、一秒まで諦めさえしなければ、何かが起こりえるかもしれない。それは何も宇宙空間に限らず、私たちが生きる現実世界だって同じことだ。

今やインターネットで世界中が繋がり、我々は秒速での判断が求められるようになってきている。そんな中で無重力空間に放り出されたかのように心身虚脱して「ああもうだめだ」と感じる時もあるだろう。だがそんな時にこそこの映画を観てほしい。サンドラ・ブロックの魂に寄り添い、エマニュエル・ルベツキが映し出す映像に身を委ねてほしい。この冒険を追体験することできっと、自らの呼吸や鼓動を意識し、身体に伸し掛かってくる地球上の重力をグッと受け止め、その果てに、自らが今この地上に立つことの意味さえもしっかりと噛み締めることが出来るはずだ。

そして、最後に私たちは監督のアルフォンソ・キュアロンに思いを馳せよう。『トゥモロー・ワールド』から7年、本当に長かった。これほど新作が期待された監督は他にいないのではないか。もともとアンジェリーナ・ジョリーが主演に決まり、製作スタジオが変更となり、共演に決まっていたロバート・ダウニー・Jr.が離脱を表明し、誰もがこの映画は途中で制作中止になるのではないかと気を揉んだ。ところが違った。最後の一分一秒まで諦めなかったのは劇中のサンドラ・ブロックだけでなく、キュアロンもまた同じだったのだ。そしてピンチを最大のチャンスに変え、こんなにも壮大かつ等身大のSFサバイバルを我々のもとに届けてくれた。これぞ最高のクリスマス・プレゼント。皆、心して生き抜いてほしい。そして無事に帰還せよ!

<CREDIT>

■出演者:サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー
■監督: アルフォンソ・キュアロン
■配給:ワーナー・ブラザース映画

2013年12月13日(金)全国ロードショー
公式ホームページ http://wwws.warnerbros.co.jp/gravity/

(C)2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

【ライター】牛津厚信

.

カテゴリー: アメリカ | サスペンス | 国別 | 映画レビュー | SF・ファンタジー

2013年12月10日 by p-movie.com

映画 『監禁探偵』完成披露試写会を抽選で10組20名様にプレゼント!

全ての“謎”が解けるまで、この部屋から出られない。
「かまいたちの夜」の原作者が仕掛ける究極の【密室】謎解きミステリー
三浦貴大【殺人事件の容疑者】×夏菜【囚われた謎の美女】
2013年注目の二人、初共演&W主演!!

【 『監禁探偵』完成披露試写会】
■日時:5月15日(水) 開場/17:30 開映(本編開始)/18:00 舞台挨拶開始/19:50予定(※上映時間103分)
■ゲスト:三浦貴大、夏菜
■場所:スペースFS汐留(東京都港区東新橋1-1-16 汐留FSビル3F)
JR「新橋」駅より徒歩5分/東京メトロ銀座線「新橋」駅 2番出口より徒歩3分/ゆりかもめ、都営浅草線「新橋」駅 A4出口より徒歩1分/都営大江戸線「汐留」駅 A1出口より徒歩4分
■提供数:10組20名様

【プレゼントご応募について】
応募締切:2013年5月8日(水)
応募先:※応募受付終了しました。
※当選者の発表はプレゼントの発送をもってかえさせていただきます。

<STORY>

マンションの一室で刺殺されたひとりの女。
その現場で遭遇した男<亮太>(三浦貴大)と、謎の美女<アカネ>(夏菜)。
男は自分を犯人だと疑う女を自室に監禁し、事件の解決を試みるが、そんな男に、女は意外な提案をする。

「この事件、わたしが解決してあげる」

お互いの素性を明かさぬまま“危険な”協力関係を結ぶふたり。
事件解決のタイムリミットは、死体が発見されるまでの5時間・・・。

“男”は何故、殺人現場にいたのか?
“女”の正体とは一体、何なのか?

全ての“謎”が解けるまで、この部屋から出られない。

<TRAILER>

YOUTUBE

<CREDIT>

■出演:三浦貴大、夏菜
■原作:我孫子武丸 西崎泰正(実業之日本社 漫画サンデー)
■監督:及川拓郎
■脚本:小林弘利 及川拓郎
■製作:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント/ファントム・フィルム
■配給:ファントム・フィルム
■宣伝協力:ユナイテッドエンタテインメント

2013/日本映画/カラー/103分/ステレオ/ビスタ

映画 『監禁探偵』
6月1日(土)より、 ヒューマントラストシネマ渋谷、角川シネマ新宿ほか全国公開

公式ホームページ http://www.kankintantei.com

©2013「監禁探偵」製作委員会

.

カテゴリー: サスペンス | プレゼント | 試写会プレゼント

2013年4月25日 by p-movie.com

映画 『藁の楯 わらのたて』一般試写会を抽選で10組20名にプレゼント!

【『藁の楯 わらのたて』一般試写会】
■日時:4月10日(水) 18:00開場/18:30開映
■場所:よみうりホール(千代田区有楽町1-11-1 読売会館7階)
■提供数:10組20名

【プレゼントご応募について】
応募締切:2013年4月2日(火)
応募先:※応募受付終了しました。
※当選者の発表はプレゼントの発送をもってかえさせていただきます。

<INFORMATION>

「この男を殺してください。清丸国秀。御礼として10億円お支払いします。」
全国民から命を狙われることになったクズ《凶悪犯》をSPが移送

人間の欲望と理性が交差するアクションサスペンス大作「藁の楯 わらのたて」が2013年4月26日(金)に公開される。
全国民から命を狙われることになったクズ≪凶悪犯≫の移送という任務に徹する警視庁警備部SP銘苅一基(めかりかずき)を演じるのは国民的人気と知名度、実力を兼ね備えた大沢たかお。
プロとして一流の能力を誇るSP白岩篤子(しらいわあつこ)には、本作のために髪を切り、今までのイメージを覆す激しいアクションにも挑んでいる松嶋菜々子。
そして、クズ=連続暴行殺人犯・清丸国秀(きよまるくにひで)に『デスノート』、『カイジ』、『インシテミル』と数々の大ヒット映画の主演を務める藤原竜也が挑む。
さらに岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、山﨑努と味わい深い演技で知られる豪華個性派俳優が顔を揃えた。
世の中に衝撃を与える本作のメガホンをとるのは、海外でも熱い支持を得ている奇才・三池崇史。撮影は愛知、三重を中心に、オールロケを敢行。
さらに、国内では不可能な新幹線での撮影を、日本映画史上初となる台湾新幹線を使用して行うなど、すべてが破格のスケールで進行された。

<STORY>

移送距離:1,200km、タイムリミット:48時間
日本全国民が敵になる──!?

この男を殺してください。御礼に10億円差し上げます。

前代未聞の新聞全面広告に、日本中が揺れた! 広告主は巨額の資産を持つ財界の大物・蜷川。
幼い孫娘を惨殺した男、清丸の首に懸賞金を懸けたのだった。命の危険を感じた清丸は、潜伏先の福岡で出頭する。全国民の殺意が向けられる中、48時間以内に清丸の身柄を警視庁に移送するため、5人のSPと刑事が選ばれた。護衛対象は“人間のクズ”。
命懸けの移送が始まる・・・。一般市民、警察官、機動隊員までもが執拗に命を狙ってくる。見えない暗殺者から逃げる為、護送車、救急車、新幹線と次々と移動手段を変えても、なぜか、ネット上のキヨマルサイトには移送チームの居場所が更新されてしまう。
いつ?誰が?何処から襲い掛かってくるか分からない、誰が裏切り者か分からない極限の緊張状態が続く・・・。
はたして、人間のクズを命懸けで守る事に価値はあるのか?それが“正義”なのか?
SPチームは無事に清丸を警視庁に移送することが出来るのか?
物語は誰も予測できない衝撃のクライマックスを迎える!

全国民を巻き込む壮大なスケールのスリル&サスペンス超大作がついに誕生する!

<CREDIT>

■キャスト:大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、余貴美子/藤原竜也/山﨑努
■原作:木内一裕「藁の楯」(講談社文庫刊)
■監督:三池崇史
■製作:日本テレビ放送網、ワーナー・ブラザース映画
■配給:ワーナー・ブラザース映画

映画 『藁の楯 わらのたて』
2013年4月26日(金)新宿ピカデリー他 全国ロードショー

公式ホームページ http://wwws.warnerbros.co.jp/waranotate/
キヨマルサイト www.kiyomaru-site.jp

(c)木内一裕/講談社 (c)2013映画「藁の楯」製作委員会

.

カテゴリー: サスペンス | プレゼント | 試写会プレゼント

2013年3月2日 by p-movie.com

リボルバー

リュック・ベッソン製作、ガイ・リッチー監督・脚本、
更にジェイスン・ステイサム主演の
サスペンスアクション「リボルバー」。

080609_revolver.jpg

オススメ度:-
2008年/イギリス、フランス/カラー/115分

<INTRODUCTION&STORY>

カジノ王マカ(レイ・リオッタ)の罠にはめられ7年間の投獄生活を送ったギャンブラーのジェイク(ジェイスン・ステイサム)。
出所後、自分を騙したマカのカジノへ行き、ジェイクはカジノで一儲けしマカへの復讐を始める。ジェイクの更なる復讐を恐れたマカは、殺し屋にジェイクを消すよう指示する。だが、運良くジェイクの命を救ったのはザックとアヴィだった。
この二人組は何者なのか解からず、ジェイクは二人の護衛と引き換えに全財産を渡すことになる。

それからのジェイクは二人組と共に貸し金業を手伝わされる。だがここからが本番だ。誰が騙し、騙されているのかは判断しにくい。
闇組織で繰り広げられるトリックによって何が本当なのか最後の最後にようやく理解できるようになっている。
長い投獄生活でジェイクが学んだのはチェスと詐欺。この二つの方程式が組んだ時、本当の意味でのリボルバー(=回転する者)が始まる。

<REVIEW>

リュック・ベッソンにガイ・リッチーとくれば、考え付かない仕掛けが待っていて観客の心を最初から最後まで掴みっぱなしに違いないという期待が膨らむ。
しかもジェイスン・ステイサムの渋い顔つきと紳士なアクションの展開にも期待が膨らむ。
だが、今回は今までとは一味も二味も違うジェイスン・ステイサムの顔が観れるのもガイ・リッチーの深い脚本のおかげだとも言えるだろう。

<CREDIT>

■製作:リュック・ベッソン
■監督・脚本: ガイ・リッチー
■キャスト:ジェイソン・ステイサム、レイ・リオッタ、ヴィンセント・パストーレ
■配給: アステア、アスミック・エース

■公式ホームページ: -

[08/イギリス、フランス] 2008年6月7日よりシネマライズ他全国順次ロードショー
(C)2005 EUROPACORP – REVOLVER PICTURES LIMITED

【ライター】佐藤まゆみ

.

カテゴリー: アクション | サスペンス | ヨーロッパ | 映画レビュー

2008年6月9日 by p-movie.com

ソウ2

謎は明かされるためにある! ★★★★☆
[05/米]1h34 10月29日より全国TOHOシネコン系ほかにて拡大ロードショー

[製作総指揮]リー・ワネル、ジェームズ・ワン
[監督]ダーレン・リン・バウズマン
[脚本]ダーレン・リン・バウズマン、リー・ワネル
[出演]ドニー・ウォルバーグ、ショウニー・スミス、トビン・ベル、フランキー
[配給]アスミック・エース
[宣伝]ファントム・フィルム

[SAW 2:公開2005年10月28日]
前作の衝撃が冷めやらないというのに、早くも2作目が登場。新たなジグソウのゲームへの参加者は8人と刑事たち。演ずるは、「ドリームキャッチャー」のドニー・ウォルバーグ、「ソウ」のショウニー・スミス&トビン・ベル、「ミニミニ大作戦」のフランキー。監督は、これがデビューとなるダーレン・リン・バウズマン。

刑事エリックの下に事件発生の報が来る。現場には惨殺死体が転がっていた。その手口は残虐極まりなく、頭部が半分欠如していた。彼の頭の中に、世の中を騒がせた、連続殺人犯ジグソウの影がちらつく。果たして、過去の事件のように、またしてもジグソウの犯行なのか?

大抵この手のパターンの2作目は、変化球で来ることが多いが、なかなかビックリの直球勝負。前作同様の思いがけない展開と、強烈な死様が見所。でも次回作がもし製作されたら、変化球しか出来ないだろう。

オフィシャルサイト:http://saw2.jp/

.

カテゴリー: アメリカ | サスペンス | 映画レビュー

2005年10月31日 by p-movie.com