2008 | Perfect Movie Guide

『アンダーカヴァー』 亀田興毅トークイベント付試写会

今週末(12.27)公開『アンダーカヴァー』につきまして、
ボクシングの亀田興毅さんをお迎えしてトークイベント付試写会を行いました。
トークショーの後に試写会も行われるため、たくさんのお客さんがいる中、
亀田興毅さんが少し照れながら警察官の衣装で登場。

081223_undercover_event01.jpg.jpg☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆

司会:
みなさんに一言お願いします。

亀田:
どうもこんにちは(笑)

司会:
照れていますね。

亀田:
この服はずかしい。でも記念だからね。(衣装を見て)日本の警察とは違うみたい。

司会:
今回はニューヨーク市警のお話ということでアメリカの警察官の衣装にして
頂いたんですが、このような衣装を着たことは今までありますか?

亀田:
ないない。

司会:
(お客さんに向かって)みなさん、かっこいいですよね?

≪お客さん大きな拍手≫

亀田:
(少し照れながら)写真もらえるかな(笑)

司会:
今回の映画は、兄弟そして親子の家族の絆がテーマですので、
亀田さんをお呼びしたんですが、感想はいかがですか?

亀田:
家族の愛が印象でした。弟が悪かったんだけどお父さんが殺されて、
それで団結しないといけないということで、やっぱり家族は大事だなって、
改めて思った。

司会:
兄弟の確執などありますか?

亀田:
最近ケンカなんてしないな。昔はよくケンカしてたけど。
大人になったんですかね(笑)

司会:
この映画を観て、家族でここは似てると思ったところは?

亀田:
家族みんなで助け合うところが一緒。みんなそうだけど家族は大事にした
方がいい。親を大事に、兄弟を大事に、先祖を大事に。

司会:
弟さんたちを見て頑張らないといけないと思ったことは?

亀田:
弟が2人いるんだけど、いい試合をした時は負けられないと思うし、
2人が頑張ったら、俺も頑張らないといけないと思う。
そういう点では、長男は気を抜くところがないから一番しんどいな(笑)

司会:
お父さんには?

亀田:
むかつく時もあるけど、助かる時もある。
でも家族だから。

司会:
好きなシーンは?

亀田:
最後の方のシーンはかっこよかった。
でも、映画って突然音が大きくなったりするからビックリする。
俺、ホラーとか観れないから。

司会:
結構怖がり?

亀田:
そうかも。怖い映画は観れない。お化けとか出るのは苦手(笑)

司会:
今年一年はどんな年でしたか?

亀田:
毎年思うけど、あっと言う間だった。毎年一年経つのは早い。
来年も一日一日を大事にして、夢を達成できるように頑張る。

司会:
最後に映画の見所をお願いします。

亀田:
まず音がでかくて、アクションも迫力あった(笑)
それと、家族の映画なので、そこを注目して観て欲しい。

081223_undercover_event02.jpg.jpg~囲み取材インタビュー~

Q.今日の衣装を見てご自信で何点ぐらい?

亀田:
15点ぐらいかな

≪一同爆笑≫

Q.兄弟と家族の絆を描いた映画ですが、
  亀田さんも今年はいろいろありましたね。

亀田:
あっと言う間に過ぎた一年だった。毎年そう思うんだけどね。

Q.去年と今年はさらに家族愛を実感したんじゃないですか?

亀田:
助け合っていかないといけなかったし、家族の絆を実感したのもあった。
でも、家族じゃなくても助けてくれる人もいるし、そういうのも嬉しいよね。

Q.何が一番嬉しかったですか?

亀田:
いっぱいあるからな。難しい。でも、試合に勝った時が一番嬉しいかも。
弟が勝った時も嬉しいし。

☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆


081223_undercover_main.jpg.jpg【STORY】
1988年、ニューヨーク  兄弟の運命は、一発の銃弾によって、動いた。
名門警察一家に生まれながらも、家族に背を向け、マフィアが経営する
人気クラブのマネージャーとして、アウトローに生きる弟ボビー(フェニックス)。
一方、父の後を継ぎ、将来を嘱望されたエリートコースを歩んできた
警察官の兄ジョセフ(ウォールバーグ)。
そんな二人の運命はマフィアとの対決を機に大きく動き出す。
対立が激化する中、兄は弟にマフィアを裏切り、潜入捜査に協力するよう説得する。
そんな中、伝説の警視監である父(デュヴァル)が
マフィアの一発の銃弾により殺された。
兄弟二人は復讐に立ち上がるのだが…。

◆監督・脚本:
ジェームズ・グレイ … 『裏切り者』、『リトル・オデッサ』

◆出演:
ホアキン・フェニックス … 『グラディエーター』
マーク・ウォールバーグ … 『ディパーテッド』
ロバート・デュヴァル … 『ゴッドファーザー』シリーズ
エヴァ・メンデス … 『ゴーストライダー』

『アンダーカヴァー』
お正月第一弾
2008年12月27日渋谷東急他全国順次公開!!
オフィシャルブログ:http://www.undercover-movie.jp/
配給:ムービーアイ
(C)2007 2929 Productions LLC. All rights reserved

.

タグ:
カテゴリー: 特 集

2008年12月23日 by p-movie.com

『7つの贈り物』 主演のウィル・スミスが10回目の来日決定!!

2009年2月21日(土)公開の『7つの贈り物』で、主演のウィル・スミスが
10回目の来日をすることに決定いたしました。ウィル・スミスは、今年8月に
『ハンコック』で来日して以来、半年振りの来日となります。

本作のウィルは、渾身の演技で今までにない役に挑戦しております。
ウィル・スミスが新境地に挑んだ本作の公開を彼の来日とともにご期待ください。

081217_sevenpounds_main.jpg【ストーリー】
ウィル・スミスが渾身の演技で挑む主演最新作
あなたなら、受け取れますか―。

過去のある事件により、心に傷を抱えて生きる男、ベン・トーマス。
彼は、ある計画をもって7人の見知らぬ他人を探し出し、
自らの正体を明かさずに、彼らの人生が大きく変わるような”贈り物”をしていく。
彼の計画のためには、その7人でなければならない特別な理由があった。
彼の計画とは―?
その先にある、彼の究極の目的とはいったい何なのか―?

【スタッフ・キャスト】
◆監督:
 ガブリエレ・ムッチーノ … 「幸せのちから」

◆出演:
 ウィル・スミス … 「アイ・アム・レジェンド」、「ハンコック」
 ロザリオ・ドーソン … 「レント」、「MIB2」
 ウディ・ハレルソン … 「ノーカントリー」、「ラリー・フリント」、「2012」

☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆

◆ウィル・スミス/ベン・トーマス役

1968年ペンシルベニア生まれ。10代からラップ・アーティストとして活躍し、
89年、91年、98年とグラミー賞を受賞。91年に「The Fresh Prince of Bel-Air」で
TVドラマにも進出する。映画デビューは『ハートブレイク・タウン』(92)。
続いて出演した『私に近い6人の他人』(93)の天才青年役で演技力を証明する。
その後は『メイド・イン・アメリカ』(93)、「バッドボーイズ」シリーズ(95、03)、
『インデペンデンス・デイ』(96)、「メン・イン・ブラック」シリーズ(97、02)と、
立て続けに大ヒット作に出演し、ハリウッドのドル箱スターとしての地位を確立。
モハメド・アリを演じた『ALI アリ』(01)では伝説的ボクサーに扮し、アカデミー賞
およびゴールデン・グローブ賞の主演男優賞にノミネートされる。2006年、息子
ジェイデンと共演を果たした『幸せのちから』(兼製作)では実話を元にしたドラマが
高い評価を得て、再びアカデミー賞およびゴールデン・グローブ賞の主演男優賞候補と
なった。『アイ・アム・レジェンド』(07)や『ハンコック』(08)などジャンルの垣根を越えた
作品で活躍し、その多くが世界中で大ヒット。名前で客を呼べる、ハリウッドでも
数少ないスターの一人である。その他の代表作は『エネミー・オブ・アメリカ』(98)、
『バガー・ヴァンスの伝説』(00)、『アイ,ロボット』(04/兼製作総指揮)、
『最後の恋のはじめ方』(05/兼製作)など。

☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆―☆

『7つの贈り物』
2009年2月21日(土)丸の内ピカデリー1ほか全国ロードショー!
公式サイト:http://www.7-okurimono.jp
MOBILE:http://mm.spe.jp/
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(C) 2008 Sony Pictures Digital Inc. All Rights Reserved.

『アンダーカヴァー』 楽曲決定!!

12月27日より公開される映画『アンダーカヴァー』のイメージソングが、世界で
津軽三味線の可能性を追求する吉田兄弟の1月14日発売の10周年記念アルバム
「Prism」からの新曲「END OF THE WORLD ~世界の果てに」に決定しました!

081212_undercover_yoshida02.jpg.jpg「アンダーカヴァー」は1988年ニューヨークを舞台に、エリート警官である兄と裏社会に
生きる弟が、父の死をきっかけにマフィアとの対決に乗り出す重厚な作品です。

「ゴッドファーザー」を彷彿とさせる警察vsマフィア、そして家族、兄弟の絆の
ドラマと、まさにアメリカの古典を現代に甦らせた作品であり、日本の古典芸能である
津軽三味線の伝統を現代音楽に甦らせて、世界的な活動を続ける吉田兄弟とは、
まさに、異色ながらも本作のイメージにマッチするコラボレーションということで、
本作の製作会社2929internationalも「素晴らしい!音楽で日本を代表する兄弟が、
日本の伝統的な楽曲で、この兄弟を描いた作品を応援してくれることは非常に
チャレンジングな試みだ」と高い評価で一発承諾。
この度のイメージソングが実現しました。

081212_undercover_yoshida01.jpg.jpg楽曲は「アンダーカヴァー」TVCMで使用され、12月10日よりOAとなります。


081212_undercover.jpg.jpg【STORY】
1988年、ニューヨーク  兄弟の運命は、一発の銃弾によって、動いた。
名門警察一家に生まれながらも、家族に背を向け、マフィアが経営する
人気クラブのマネージャーとして、アウトローに生きる弟ボビー(フェニックス)。
一方、父の後を継ぎ、将来を嘱望されたエリートコースを歩んできた
警察官の兄ジョセフ(ウォールバーグ)。
そんな二人の運命はマフィアとの対決を機に大きく動き出す。
対立が激化する中、兄は弟にマフィアを裏切り、潜入捜査に協力するよう説得する。
そんな中、伝説の警視監である父(デュヴァル)が
マフィアの一発の銃弾により殺された。
兄弟二人は復讐に立ち上がるのだが…。

◆監督・脚本:
ジェームズ・グレイ … 『裏切り者』、『リトル・オデッサ』

◆出演:
ホアキン・フェニックス … 『グラディエーター』
マーク・ウォールバーグ … 『ディパーテッド』
ロバート・デュヴァル … 『ゴッドファーザー』シリーズ
エヴァ・メンデス … 『ゴーストライダー』

『アンダーカヴァー』
お正月第一弾
2008年12月27日渋谷東急他全国順次公開!!
オフィシャルブログ:http://www.undercover-movie.jp/
配給:ムービーアイ
(C)2007 2929 Productions LLC. All rights reserved

.

タグ:
カテゴリー: 特 集

2008年12月12日 by p-movie.com

ウィル・スミス主演最新作 『7つの贈り物』

『ハンコック』で今年の夏をにぎわせた、
ウィル・スミス主演最新作の邦題が『7つの贈り物』で決定いたしました。
2009年2月、丸の内ピカデリー1ほか全国ロードショーとなります。
本作では、ウィル・スミスが『ALI アリ』『幸せのちから』でのアカデミー主演
男優賞ノミネートに続き、3度目の正直でアカデミー賞受賞も噂される期待作です。
今までに観たことのないウィル・スミスの新境地に期待すると共に、
ぜひ今後の賞レースにもご注目ください。

081210_sevenpounds_main.jpg【ストーリー】
過去のある事件により、心に傷を抱えて生きる男、ベン・トーマス。
彼は、ある計画をもって7人の見知らぬ他人を探し出し、自らの正体を明かさずに、
彼らの人生を大きく変えていく。
彼の計画のためには、その7人でなければならない特別な理由があった。
彼の計画とは―?
その先にある、彼の究極の目的とはいったい何なのか―?

ウィル・スミスが、『幸せのちから』の監督と再び組んで、
今までにない問題作に挑む。
2009年のアカデミー賞最有力、誰も見たことがない結末に、
心貫かれる衝撃の感動作。

【スタッフ・キャスト】
◆監督:
 ガブリエレ・ムッチーノ … 「幸せのちから」

◆出演:
 ウィル・スミス … 「アイ・アム・レジェンド」、「ハンコック」
 ロザリオ・ドーソン … 「レント」、「MIB2」
 ウディ・ハレルソン … 「ノーカントリー」、「ラリー・フリント」、「2012」

全米公開:08年12月19日/上映時間:2時間3分

『7つの贈り物』
2009年2月丸の内ピカデリー1ほか全国ロードショー!
(C) SEVEN POUNDS

.

タグ:
カテゴリー: 作品紹介

2008年12月10日 by p-movie.com

『007/慰めの報酬』 試写会プレゼント

初めて心から愛した”運命の女”を殺された男 ── ジェームズ・ボンド。
家族を殺され、たった一人で生きてきた孤独な女 ── カミーユ。
復讐心が2人を引き合わせ、傷ついた2つの魂が共鳴してゆく ── 。

081208_007_logo.jpg初めて愛した女を喪い復讐に燃えるボンドに、「MI6のミッションの遂行は絶対。
どんな場合も決して感情に流されてはならない」というMの言葉が重く圧し掛かる。
任務と復讐の間で揺れる彼は、同じ傷を持つ孤独な女カミーユと出会う。
悲しみという絆で繋がっていく二人。
果たして復讐が、心の<慰め>になるのか?
復讐の見返りとして得られる<報酬>はあるのか?
その<慰めの報酬>を受け取ることで、何を得て、何を失うのか ── ?
監督は『チョコレート』のマーク・フォースター、
共同脚本は『クラッシュ』のポール・ハギス。
人間ドラマを描くことに定評のある彼らが、リアルな一人の人間としての
ジェームズ・ボンドの内面に深く迫る。


081208_007_sub01.jpg公開を記念して、 試写会に10組20名様をご招待!!

【『007/慰めの報酬』 試写会】
日時:1月15日(木)18:15開場/19:00開映
会場:中野サンプラザホール

【試写会応募先】
名前・住所・性別・年齢をお書きの上、下記メールにてご応募ください。
応募先:応募締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。
応募締切:2009年1月7日(水)消印有効
※当選者の発表は試写チケット発送をもってかえさせていただきます。

081208_007_sub02.jpg<INTRODUCTION>
ダニエル・クレイグを主演に迎え、完全なる変革を遂げた『007/カジノ・ロワイヤル』
これは、その1時間後から始まる物語  007になるまでの危険で苛酷な道を突き進む、
現実味溢れる”人間ジェームズ・ボンド”を描き、
世界中で大ヒットを記録した『007/カジノ・ロワイヤル』。
過去のイメージから脱却し、完全なる転機を果たしただけでなく、
近年のアクション・エンタテインメントを代表する1本となった。
あれから2年、遂に完成した最新作『007/慰めの報酬』は、
『007/カジノ・ロワイヤル』のエンディングの1時間後から始まる物語だ。
物語を動かすのは復讐心。前作でボンドは、初めて愛した女、ヴェスパーを喪う。
なぜヴェスパーは自ら死を選んだのか? 彼女を背後で操っていた組織とは?
本作は、ボンドの復讐への決意で幕を開け、より深遠なドラマによって、
過去との完全な決別を果たす!

<STAFF>
監督:
 マーク・フォースター
脚本:
 ポール・ハギス、ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド

<CAST>
 ダニエル・クレイグ
 オルガ・キュリレンコ
 マチュー・アマルリック
 ジャンカルロ・ジャンニーニ
 ジェフリー・ライト
 ジェマ・アータートン
 ジュディ・デンチ

主題歌:
 アリシア・キーズ&ジャック・ホワイト「アナザー・ウェイ・トゥ・ダイ」(BMG Japan)


081208_007_main.jpg『007/慰めの報酬』
2009年1月24日(土)丸の内ルーブル他全国ロードショー

≪オフィシャルサイト≫
PC:http://www.007NAGUSAME.jp
MOBILE:http://mm.spe.jp/

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(C) Quantum of Solace 2008 Danjaq, LLC, United Artists Corporation,
Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

.

タグ:
カテゴリー: プレゼント | 試写会プレゼント

2008年12月7日 by p-movie.com