ホラー | Perfect Movie Guide

輪 廻

ようこそ、前世へ。 ★★★☆☆
[05/日]1h36 1月7日より全国東宝系にてにて一斉公開

[製作]一瀬隆重
[監督]清水 崇
[脚本]清水 崇、安達正軌
[出演]優香、香里奈、椎名桔平
[配給]東宝株式会社
[宣伝]東宝(株)宣伝部

「呪怨」のハリウッドヴァージョンで、全米ナンバーワンを獲得した清水崇監督の日本への凱旋第1作。出演は、「恋に唄えば」の優香、「深呼吸の必要」の香里奈、「忍 SHINOBI」の椎名桔平。

35年前に、観光地のホテルで起こった無差別殺人。この事件を映画化しようとする映画監督・松村は、「記憶」と名付けられたこの作品のヒロインに若手女優の杉浦渚を抜擢する。しかし撮影が近づくにつれて、渚は不気味な夢や幻覚を見るようになる。過去の犠牲者たちの怨念が蘇ろうとしているのか…。松村、渚たち撮影班はリハーサルのために、事件の現場であるホテルに足を踏み入れる。廃墟と化したホテルの中は、ただならぬ気配に満ちあふれていた。渚はそこで、自分が35年前にそのホテルで殺された少女の転生であることを確信する。そして、自分も再び殺される運命にあるのではないかと…。恐怖の惨劇が、いま繰り返されようとしている。

清水監督らしく今回も子供が登場するのだが、おまけで人形も登場。しかもよせばいいのにストップモーションで歩くのだ。まあ、それはどうでもいいのだが、物語の説明を省いて輪廻転生で片付けてしまうのは、いかがなものか。前世によって定められた運命は、現在になっても憑いて廻るというだけじゃ納得いかない。まあ、優香の絶叫は「キング・コング」のナオミ・ワッツよりも凄いけど。

オフィシャルサイト:http://www.j-horror.com/

.

カテゴリー: ホラー | 日本 | 映画レビュー

2006年1月9日 by p-movie.com

チャイルド・プレイ チャッキーの種

帰ってきたぜ!ベイビー! ★★★☆☆
[04/米]1h27 8月13日より銀座シネパトスほかにて全国ロードショー

[製作]デヴィッド・カーシュナー コレイ・シェネガ
[監督]ドン・マンシーニ
[脚本]ドン・マンシーニ
[出演]ジェニファー・テイリー レッドマン ジョン・ウォーターズ
[配給]リベロ
[宣伝]リベロ

[SEED OF CHUCKY]
「チャイルド・プレイ」の全脚本化ドン・マンシーニが、初監督したシリーズ最新作。チャッキーの妻ティファニーの声を担当したジェニファー・テイリーが、今回は本人役で登場。他に「ワイルド・スピード」のレッドマン、「クライ・べイビー」のジョン・ウォーターズ監督が、タブロイド紙の記者で登場。

ハリウッドでは、チャッキー&ティファニーをモデルにした殺戮人形の都市伝説の映画化が進み、そこにチャッキー2世がイギリスからやってくる。感激の親子対面を果たしたかと思えば、チャッキーは男の子だと言ってグレンと名付け、ティファニーは女の子だと言い張り、グレンダと名付ける。更に子供の教育方針を巡ってチャッキーとティファニーが対立し、し烈な闘いが始まる。さらに女優ティファニー(実名で登場)を巻き込み、トンデモない展開を迎えることに…。

前作で産まれたチャッキーとティファニーの子供が登場する今回は、ファンが泣いて喜ぶ家庭崩壊もの。ティファニーの声を担当しているジェニファー・ティリーが、本人役で登場して悪ノリぶりを発揮する悪趣味作品(褒め言葉)。なんとティリーは、ラストで男女の双子を生む(父親は、あの人?)。という事は、このシリーズはエピソード6の次回で終り?

オフィシャルサイト:http://www.seed-of-chucky.net/

.

カテゴリー: アメリカ | ホラー | 映画レビュー

2005年8月22日 by p-movie.com